パソコンの故障なら日本データテクノロジーが解決してくれます

パソコンに見られるトラブルは日本データテクノロジーのサービスが役立つ
パソコンが動作しない原因を知れば修理方法がわかる
失いたくないデータを守るなら専門業者の修理サービスへ

パソコンのトラブル~それぞれの症状を把握する~

パソコン

パソコントラブルのよくある原因と対処法について見ていきます。仕事用パソコンを安心して使うための基礎知識としておさらいしましょう。

パソコントラブルでよく見られる症状

ディスプレイが青くなり文字列が表示される
パソコンのモニタが青一色になってしまって白い英字で埋め尽くされてしまう症状を「ブルースクリーン」「ブルースバック」などと呼んでいます。ハードパーツの故障や本体のシステムエラーなどが考えられるので、専門業者に相談すると安心です。故障しているパーツがはっきりと分かっているようなら、自分で交換することもできます。
パソコン本体から異音が聞こえる
パソコン本体から普段とは違った音がする場合には、ファンやCDドライブ、ハードディスクの故障が疑われます。ファンやドライブの不具合ならメーカーに修理を依頼して交換対応できますが、ハードディスクの不具合だとデータが失われることもあります。現状で保存できるデータはバックアップをとり、専門業者に相談しましょう。
パソコン自体が全く反応しない
パソコンの電源をいれるとメーカーロゴの後に黒い画面が表示されますが、途中でとまってしまうトラブルがあります。周辺機器との相性や記憶媒体の不具合が考えられるので、専門業者に連絡しましょう。システムファイルが壊れているケースでは自分で対処もできますが、ある程度のパソコン知識が必要です。自信がない場合は業者に依頼し、トラブルの原因をはっきりさせます。
勝手に電源が落ちる
パソコンの電源が突然落ちてしまう原因としては、熱暴走や電力不足が考えられます。熱が原因の場合は冷却ファンを掃除したり作業環境を見直したりしてください。電力不足の場合は、負荷が大きなソフトの作業を中断します。どうしても使用したいソフトがある場合はパソコン本体のスペックをあげられないか、専門業者に聞いてみましょう。

おかしな症状が見られたら早急に修理依頼

おかしな動作が見られたら自分で無理して対処しないで、専門業者に連絡しましょう。不具合の内容によってはデータが消えてしまうケースもありますが、トラブル解消が急がれます。万が一バックアップをとっていなかった場合でも、日本データテクノロジーのような専門知識を持つプロに依頼すると回復できる見込みがあります。大切なデータを復旧するためにはなるべく早い段階での初期診断が重要なので、曖昧な情報を参考に自分で対応しないことです。不具合の内容を電話で簡潔に伝えると、どうしたらいいか教えてくれます。聞いた内容にしたがって正しくパソコンの動作を確認、不具合を解消しましょう。軽いメンテナンスでトラブル解消できることも多く、過剰に心配する必要はありません。

日本データテクノロジーを利用した人の体験

仕事で使用するパソコンなので助かりました(30代/男性)

仕事で使っているパソコンの調子が悪くなってシステムサポートに連絡、聞いた対処を試しました。その際にいろいろなファイルを消したのですがトラブルは解消できず、状態がさらに悪化しました。この時点で日本データテクノロジーさんに相談、家族の想い出の画像やビデオをバックアップしてもらいました。子供の記録が残ると分かったときには本当に安心したので、心から感謝しています。

データが破損した時はパニックになりました(20代/女性)

大切なデータを誤って消してしまったときにお世話になりました。困ったことがあると日本データテクノロジーに頼りきりで、いろいろなアドバイスをもらえるので助かっています。パソコンメーカーのサポートは壊れると新しい商品を買わせようとしてくるので、客観的な視点で相談にのってくれるところが安心です。価格についてもリーズナブルで、色んなトラブルの相談窓口に活用できると思います。

パソコンをスムーズに修理するために~仕事へ支障をきたさない~

仕事で使っているパソコンが壊れてしまうと、ビジネスに支障が出ます。対応をなるべく急ぐべく、スムーズに処理するためのステップを見てみましょう。

万が一トラブルが発生した際の対処法

データが壊れてしまったり機器トラブルが起きてしまったりしたら、電源をまず切ってください。再起動などを繰り返し電気を通すことでトラブルが広がってしまうと、データ復旧しにくくなります。トラブル発生段階なら対処できた問題でも、初期対応を間違うと作業が長引く原因となります。修理費用がかさむ原因にもなり、コストの問題も出てくるでしょう。大切な仕事用データを守るためにも、あれこれ策を講じる前に電源を切り、速やかに専門業者に依頼します。

パソコンが壊れてもデータ復旧は可能~仕事への支障をきたさない~

パソコン本体が壊れていても記憶媒体にデータが残っていれば、救出できます。救出したデータを修理済のパソコンに入れ直してあげると、データはそのまま残ります。自分で対処しようとすると大変ですが、日本データテクノロジーのサービスを活用すれば安心です。難しいトラブルが生じた際にも依頼でき、必要な情報を抜き出してそのまま活かすことができます。障害発生後に自己判断であれこれ作業し状態を悪化させてしまうことがないよう、早めにご相談ください。

問題をスピーディーに解決するなら完全自社対応業者を利用する

女性

データ復旧作業のスピードは業者ごとに異なりますが、自社対応出来るとスムーズです。初期診断の後に外部業者に依頼してトラブル解決を進めるとなると、ワンステップはさむ分だけロスタイムが出てきます。替えの部品もそろえている業者なら、トラブル診断から修復作業までスムーズに進みます。待たされる時間のストレスもなく、大切なパソコンをより迅速にケアできます。データ復旧業者選びで修理スケジュールに差がでて、仕事への影響度合いも変わってきます。なるべく早くトラブル解消できれば仕事がスムーズに進み、支障が少なくなるはずです。抱えている仕事を迅速に処理するためにも、データ復旧が得意な頼れる一社を見つけて長いおつきあいをするのがいいでしょう。プロのサービスが選ばれるワケは、修理事例や評判などが詳しく紹介されている下記のサイトを見て参考にしてください。

TOPボタン