大切なデータを守るなら日本データテクノロジーの復旧サービスがおすすめ

パソコンに見られるトラブルは日本データテクノロジーのサービスが役立つ
パソコンが動作しない原因を知れば修理方法がわかる
失いたくないデータを守るなら専門業者の修理サービスへ

修理依頼からデータ復旧までの流れ

日本データテクノロジーのようなデータ復旧業者に修理依頼を出すとどのように話が進むのか、基本的な流れを見てみましょう。

データ復旧までの依頼手順

修理業者へお問合せ

仕事用パソコンが壊れた、調子が悪いなどトラブルに気付いたらすぐ、業者に問い合わせをしてください。どこがどのように調子が悪いか細かく説明できるようにまとめておくと、話がスムーズに進みます。どんなことをしたら調子が悪くなったのかなど、出来る限り細かく話をすると、トラブル原因を突き止めやすく、データ復旧がスムーズです。

診断の上で見積もり

問い合わせだけでは細かな原因が分からないので、仕事用パソコンを引き渡します。初期診断をお願いして、不具合の起きた理由を明確にしましょう。初期診断の結果を見て、データ復旧にどのくらいの費用がかかってどんな作業が必要なのかがわかります。作業内容詳細やスケジュールを聞いたうえで、修理を依頼するか決めてください。

復旧作業

見積りに納得してサービス申し込みをすると、実際にデータ復旧作業にとりかかります。トラブルの原因によってかかる期間はまちまちなので、どの程度かかるか聞いておきます。オプションサービスで急ぎ対応をお願いできる業者もあるため、予算にあわせて検討しましょう。平均で数日〜数週間程度で作業が終わりますので、連絡が来るのを待ってください。

データの確認・支払い

作業完了の連絡があったら、確かにデータ復旧されているか確認します。契約内容と食い違いがあるようなら、業者に確認してください。全て確認できたところで、料金を支払います。多くの業者は成功報酬体制をとっているので、データ修復できなければ費用を請求されません。契約時に支払い要件を確認して、認識違いを防ぎます。

精密機械の発送作業は慎重に

パソコンを郵送するにあたって、特別な梱包材で包み、衝撃を和らげるクッション材と一緒に箱詰めします。郵送会社によってはパソコン専用の梱包材を販売しているので、専用パッケージを使うと安心です。郵送会社に持ち込むときに「ワレモノ」「精密機器」であることを伝えると、分かりやすい表記をしてくれます。郵送中のトラブルについてはデータ復旧業者のサポート外とされるため、大切なパソコンを傷つけることがないよう十分に注意しましょう。

パソコントラブルでよく聞かれる質問集

パソコントラブルでよく聞かれる質問と回答をまとめました。修理やデータ復旧を検討するときの参考資料に活用ください。

パソコントラブルにまつわるQ&A

修理までにかかる期間はどのぐらいですか?
修理にかかる期間はトラブルの原因や規模によって変わってきます。簡単なトラブルならパソコンを持ち込み、その場で対処してもらえるケースもあります。診断結果が出てから数日かかるのが通常ですが、特急対応オプションなど追加料金を支払うとスケジュールを前倒しできます。プラス料金についても業者によって設定が異なるため、まずは相談してみましょう。業者から提示された見積りを見ながら交渉して、はっきりとした日数を把握します。
データ自体に保証は付きますか?
復旧データを受け取ってから数日間は業者で保管してくれるのが通常で、データを確認するまでの期間は保証されます。受け渡しの途中でデータが壊れてしまったりデータ移行の際に誤って消してしまったりしても、再度データ復旧の手間がかかるわけではないので安心ください。トラブルの状態によっては見積り通りに復旧できないケースも想定されますが、料金はかかりません。成功報酬体制の業者に依頼すると余計な費用がかさむ心配がないため安心です。
復元したデータはどのように送ら
れてくるのでしょうか?
復元したデータは、CD-Rやハードディスクなど業者指定のメディアに入って届きます。メディアをそのまま買い取りできるシステムがあると、そのままバックアップとして使用できて便利です。来社対応を受け付けている業者の場合は、現地に行って受け取ります。その場で復旧データの確認ができるため、自宅や職場であれこれ作業する手間がかかりません。レンタルメディアを業者に返却した後に支払いをすませて、一連の修理依頼は完了します。
パソコンに詳しくないため口頭で伝えら
れそうにありませんが、修理に応じてくれますか?
トラブル対応窓口に電話して、オペレーターの指示に従って確認しましょう。トラブル内容が口頭で説明できなくても初期診断で問題を特定、修理を進めていくので安心です。初期診断結果を見て費用やスケジュールを把握して、修理に出すか決めてください。パソコンに詳しくない状態であれこれ自分なりに触ってしまうと、トラブルを悪化させてしまうケースがあります。なるべく早く専門業者に連絡をして、正しい対応を進めてください。

復元可能なデータはPCだけではない

日本データテクノロジーが対応できるデータは、パソコンに関するものだけではありません。データ復旧できる内容を詳しく知りましょう。

対応機器が多い日本データテクノロジーの魅力

通話する女性

メジャーなパソコン機器はもちろんのこと、ハードディスクの修理にも対処できます。ハードディスクの修理に際しては、部品をそろえたり仕様を確認したりする必要があります。実績が少ない業者だとしっかり修理できないこともあるため、業者選びを意識しましょう。豊富な経験と実績があり、ノウハウを蓄積している業者が信頼できます。ハードディスク同様にRAIDの故障にも対応でき、エラーランプがついているのにトラブル原因が分からなかったり正常に起動しなくなったりした時のサポートを依頼できます。シェアが少ないサーバー機器やOSも対応している業者を探しておくと、あらゆるシーンで活用できます。パソコンの故障にもいろいろな原因があって、どこのサポートセンターに電話するか考えるだけでも大変です。全てを一手に引き受けてくれる業者の連絡先を控えて、まず相談できる体制を整えましょう。

まとめ

パソコンには大切なデータがたくさん入っているのでバックアップが重要ですが、それでもトラブルが起きてしまいます。万が一のことが起きたらすぐに専門業者に相談して、被害を最小限に留めましょう。

TOPボタン